格安飛行機を使うメリットって一体どんなものなのだろうか

「格安飛行機なんてメリットしかなくない?」なんて、思っている方は多いかと思います。ですが、どんな所に一体メリットがあるのか、こまかっく挙げられる方は少ないですよね。

そこで、ここでは。格安飛行機を使うメリットって一体どんなものなのかを見ていきたいと思います。

格安飛行機を使うメリットの1番は値段にあるのは当然!

格安飛行機を使う最大のメリットは、何と言っても、その値段の安さにあると言えます。「格安」飛行機というのですから、当然一般の航空券の価格よりもはるかに安いことからこの名前で呼ばれています。

そんな格安飛行機の値段ですが、気になるのは一体どのくらい安いのかということです。まだ利用されたことがない方もいるかもしれませんので、お伝えしておくと、なんと、国内線であれば数百円単位から(税抜き)航空券が購入できるのです。

ただし、これは常にこんな価格というわけではなく、キャンペーンなどを利用することでこの価格となります。国際線であっても、今は、ベースの金額(各種税金を含む前)だけで言えば、中国や韓国などの近距離路線に関しては、数千円レベルで購入することもできます。

ちょっと離れたアメリカ大陸やヨーロッパ大陸の国や地域に行かれる際にも2万円や3万円台の航空券ベースになっているなど、とにかく格安飛行機のおかげで私達は今旅行に出やすい環境になっているのです。

格安飛行機といっても、何もLCCや格安航空会社だけでなく、昔からANAのような大手航空会社であっても、格安航空券を販売してきました。通常は、国内線であっても片道4万円程になってしまう航空券も、往復で2.5万円など、かなりディスカウントされた金額でチケットを販売しています。

格安航空券にはもちろん、デメリットとなる面もあるのですが、普通に乗るのであれば、特に問題はありませんし、航空券の値段を重視されるという方には絶対利用していただきたいです。

格安飛行機をうまく利用できるようんあれば、1回の旅行の費用も浮きます。その浮いたお金は次の旅行にあてることもできるので、旅行するチャンスが益々増えますよ。

格安飛行機のメリットは、地方空港からがっつり飛ばしている所

格安飛行機を利用するメリットは他にもあります。それは、地方空港からフライトを就航させているということなのです。格安飛行機の中でも、格安航空会社やLCCと呼ばれるローコストキャリア、これらは、比較的メインの空港(例えば東京なら羽田空港、大阪なら伊丹や関空など)を使うことはあまりありません。

東京発となっていれば、羽田ではなく、成田空港、もしくは、最近では茨城空港からフライトを飛ばしていることがよくあります。その理由は、空港に飛行機を就航させるためには、航空会社もただで空港が利用できるわけではありません。

きちんと使用料を支払っています。その使用料がメインの空港に関しては、圧倒的に地方の空港などと比べて高いのです。そのため、どうしてもコストを抑えて航空券の値段を下げたい格安飛行機を出す航空会社は、地方の空港へ飛ば差なければいけないような状況なのです。

また、メインの空港は常に人気で新たな航空会社が入ってくるスペースもないので、こういった状況に輪をかけるのですが。ですが、これがメリットとなり得るのです。というのも、メインの空港へ行くのももちろん皆さん大変ですが、地方から来られる方というのは、それまでの交通費も時間もバカになりませんよね。

しかし、格安飛行機がこういった地方の空港に就航してくれることで、空港へ行く手間も時間もカットできるようになりました。しかも、こういった格安飛行機は、なかなかメインの空港からも就航していないような路線へ就航していることも多いです(例えば、韓国や中国の都市ではなく、その近郊など)。

ちょっとコアな路線を気軽に楽しめることができるという意味でも、地方の方にはメリットとなりますし、これが格安飛行機の良さといえるでしょう。

格安飛行機のメリットは、大手航空会社の目をつけていない所にも飛ぶ

格安飛行機の特徴的なメリットともいえるのが、大手航空会社の目をつけていない所にも就航しているということです。つまり、大手航空会社が韓国であればソウルやプサンに就航していますが、格安飛行機の場合には、特にLCCの場合には、韓国の大邱だとかに就航させています(これは一例ですので、そういった格安飛行機があるということではありません)。

なぜかというと、単純に、航空会社は大手であろうと何であろうと、一定の集客を望んでいます。大手航空会社の場合には、集客が望める路線にいち早く目をつけて、そこに就航させます。そして、現地のメイン空港を利用することになりますから、それなりの空港使用料も支払える能力がなければいけません。

そういったこともあり、大手航空会社は、大都市に就航していることが多いです。しかし、格安飛行機の場合には、そもそも大都市のメイン空港には空きスペースがなかったりするので、なかなか思うように大都市へ就航させられないのです。

そういったことがあり、格安飛行機は、大都市ではない、その近郊の都市だったり、最近注目されつつある都市などへ就航させることが多いです。昔からその土地へ日本から行っていたけど、常に乗継便しかなかったということもよくありますよね。

ですが、格安飛行機がこういった地域に直行便を走らせるようになったので、海外の地方へ行きやすくなりました。これが格安飛行機のもう1つのメリットです。海外は首都や大都市も活気があって、観光地も多いのでとても楽しいです。

しかし、地方にはその国の昔ながらの雰囲気や良さというのが残っていることが多いです。格安飛行機を使って、そんな海外の地域に行ってみてはいかがでしょうか。

格安飛行機のメリットは新しいことが発見できるのが楽しい!

もう1つ、格安飛行機を使うメリットがありますが、これはちょっと意外に思うかもしれませんが、格安飛行機、特にLCCというのは、機体が新しい場合が多いです。

そもそも、日本にLCCが就航したのはヨーロッパなどよりもずっと後のことですし、今のようにLCCの数が増えてきたのはこの10年以内、非常に歴史的には浅いです。そのため、当然、使われている飛行機も新しいのです。

そんな新しい機体を楽しんでいただけるのが、格安飛行機を使うメリットとなります。多くの格安飛行機では、大手航空会社のシート異なりレザーを使っています。ですので、今までとは違うシートの乗り心地を体験できますし、何よりも、格安飛行機に乗っているのにちょっと高級感を味わうことができるというのがうれしいですよね。

また、具体例でいえば、格安飛行機の中でも人気のある航空会社、スターフライヤー、この機体は大手航空会社のそれとも、そして他の格安飛行機とも異なるもので、格安飛行機なのに、フッドレストがついていたりシートピッチも広め、個人ディスプレイも設置されていたりと、とにかくシートに座るだけで楽しんでもらえますよ。

他にも、ピーチ航空では、大阪弁でのアナウンスがされるということで知られていますが、大阪の方でも「これはコテコテの大阪弁だ」と、思うくらいのイントネーションでCAさんがアナウンスするという面白い体験ができます。

今や格安飛行機はどんどん増えてきて、どの航空会社も個性を出さなければいけません。そのため、様々な格安航空会社に搭乗することで、その航空会社のそれぞれの良さや面白さなどを知ることができる、これが格安飛行機を使うメリットとなっています。

格安飛行機 予約する